供花と献花何が違う?花を贈る際のマナー

供花と献花何が違う?花を贈る際のマナー

式場やお花屋さんで相談して手配可能

供花や献花に使う花は、宗派や地域等で異なることが多いです。 出身地に合わせるよりも、葬儀を行う地域に合わせることが多いです。 調達するものも変わります。 仏式と神式の葬儀では、白色を中心とした菊や蘭、百合等の花を使ったアレンジや花輪や花篭で供花としています。

日本でのキリスト教

キリスト教は通夜は行いませんが、日本の習慣に従うように前夜祭を採用されています。 前夜祭は、自宅や教会堂を借りる場合があり、お花などは前夜祭開始の時刻の数時間前までに届くように手配します。 教会堂の葬儀に届ける場合も開始の時刻の数時間前までに届く手配をします。

気持ちが伝われば

訃報を知らずにお花などの手配が間に合わなかった時は、故人の自宅などにフラワーアレンジメントなどをお花屋さんから届けるよう手配することもできます。 初七日が過ぎて落ち着かれた時期に、メッセージなどの手紙も送ってからお花を別送すると、故人の家族や知り合いに気持ちが伝わります。

宗派や地域の情報重視

葬儀のお花も多様になりました。
祭壇に合わせたフラワーアレンジメントやスタンド型のお花のこともあります。
お花の色は白が基本となりますが、故人の生前の好みのお花を使ったり、ブルーや淡い色調のお花の場合もあります。
関西の仏式の葬儀では、樒(しきみ)の習慣もあります。
キリスト教の献花などには白百合を使うことが多く、生花でなければいけません。
供花(きょうか)は、式場や祭壇を装飾するために供えます。
献花(けんか)は、式場で参列者が祭壇に供えるお花です。
区別する時には、献花は故人に対しての手向けのお花であり、供花は手向ける意味と式場や祭壇に飾るお花と考えてみましょう。
供花のスタンド型のお花などには、関係先や勤めていた会社や個人や親類の名前を筆で書かれた札がついているものと考えれば、思い出すかもしれません。
献花はキリスト教の葬儀での、仏式の焼香の代用のようなもので、お花は式場に用意されているものを使い1人が1本ずつお花をとって順をおって祭壇の上に置きお供えします。
神式は、基本的に通夜や葬儀では献花は行われず、榊(さかき)の枝を使った玉串奉奠(たまぐしほうてん)がされます。
枕花(まくらばな)は、親類縁者や故人と特に親しかった人などがすぐに駆け付けた際などに、故人の枕元に供えるお花です。
小籠に白い生花などが入ったものや小ぶりなお花のアレンジや小さな花束などを供えます。
会社関係や知り合いや親族等の訃報から、通夜や葬儀に間に合うように弔電や供花を手配します。
お花については葬儀の式場が決まっていれば直接式場に確認して供花を贈り主の名前での手配もできるし、支払いも当日に式場等で精算可能なため早目に手配しましょう。

TOPへ戻る