供花と献花何が違う?花を贈る際のマナー

>

式場やお花屋さんで相談して手配可能

供花と献花

供花は、仏や故人に向けて供えるお花のことを指していて、お供え物のような祭壇を飾る意味です。
献花は、神や霊に対しての、そして故人への記念の意味でお花を捧げることを指しています。
キリスト教でお花を捧げる献花や、仏教の祭壇に花をお供えする供花など、宗教によって異なっています。
仏式の場合などで、通夜や告別式が同じ場所の自宅や葬儀場でとり行なわれる場合は、通夜の開始時間までに供花を届けるように手配します。
通夜開始の時刻の数時間までに予定しましょう。
通夜と告別式が別の場所の場合は、告別式の行われる葬儀場に供花を届ける手配をします。
告別式の開始の時刻の数時間前までに届けるよう手配しましょう。
葬儀場は外部のお花の持ち込み不可の場合もあり、早目に葬儀場に供花などの確認をしておくと失敗がありません。

お花で

供花は、遺族や親族、故人と特に親しかった人等が贈ることや、遠方や高齢のため参列ができない人が贈ることもあります。
香典辞退の葬儀などもあり、香典の代わりに供花を贈ることもあります。
供花は、1つを一基(いっき)、2つで一対(いっつい)と数え、一対の場合は両サイドにそれぞれ順に並べられます。
香りのよい食べ物は仏教において非常に縁起が良いものとして扱われています。
仏式の通夜や葬儀や仏壇に線香をあげる意味は、故人へのお供えの意味合いがあります。
現代は、祭壇が寂しくならないようにという気持ちやお供えの意味でが、多くなっています。
仏式の出棺前に棺の中に参列者全員でお水のかわりにお花を入れることを別れ花などと呼ばれ、祭壇やスタンドに飾られていたお花等から、花の茎の部分をとって花の部分を用います。


Share!
TOPへ戻る