供花と献花何が違う?花を贈る際のマナー

>

日本でのキリスト教

宗教によるもの

神道やキリスト教では、死とは家族の守護者になることであり、天国や神様の元に行けるという意味を持っていて決して悲しいことではないと説いているのです。
供花がお供え物や飾りであり、献花は故人や神に花を捧げる行為です。
お花は、宗教的な考えなども含め、葬儀の規模や、遺族などの意向で、斎場へのお花を辞退されることもあります。
お供えのお花を贈りたい場合は、事前に喪主や遺族に確認することがいいでしょう。
無宗教での葬儀でも、故人とのお別れの儀式として献花などもあり、遺族の意向に従うことです。
それぞれにマナーなどが異なることを知りおいて、葬儀に関する手配や参列する前に、宗派や葬儀の形式をきちんと確認しておく必要があります。

献花など

自分の宗派と違ったり経験がないと葬儀などの公式の場での立ち居振る舞いにも緊張感が漂います。
キリスト教などの献花をする時の作法は、お別れの会のような、無宗教での葬儀でも行われることもあります。
どの形式で行うにしろ、献花台に捧げる花は、教会や葬儀社などが用意しているので持参しません。
献花の作法は、順番が来たら祭壇あるいは献花台まで進み、遺族に一礼します。
献花台の前に進み、係の人に花を渡されたら花の方を上に持ちます。
左手で花の茎の下を持って、右手で花を支えるように持ちます。
次に献花台の前にさらに進み、故人の遺影に向かって一礼します。
お花を右回しに、花の茎の方を祭壇に向けて献花台に静かにお花を置きます。
献花台に花を置いた後は、手を合わせて黙祷しキリスト教式では十字を。
クリスチャンでない人は十字は無理にしなくてもいいそうです。
黙祷が終われば数歩下がったところで遺族に一礼をして、自分の席に戻ります。


Share!
TOPへ戻る