供花と献花何が違う?花を贈る際のマナー

>

気持ちが伝われば

お花が伝えるもの

キリスト教で献花に故人の好きなお花を持参するのは遠慮する方が、遺族や斎場スタッフの手間にならずに済むかもしれません。
もしどうしても故人の好きなお花を贈りたい時は、後日落ち着かれた頃にあらためてお贈りすることを考えましょう。
献花や供花に使ってはいけない花は、一般的に葬儀に用いる花は白が中心で、とげのある薔薇などの種類は避けられます。
宗派ごとの決まりもあり、日本では、白が死や悲しみを表す色であったり花のとげで参列者などに怪我をさせない配慮などでもあるそうです。
最近では献花に故人の好きだった花を使うことや、故人が花が大好きだったから花祭壇などの季節の花や華やかな花でいっぱいの祭壇で行う葬儀などをして、しきたりにとらわれない祭壇の提案などを採用されている場合もあります。

バランスを持った考え方

花の種類は大輪の菊や小菊やトルコキキョウなどでボリュームがあるアレンジメントにしたり、他界された直後は白のみで一周忌までは鮮やかな色の花は避けたり、色を入れてもピンクや水色などのパステルカラーにします。
キリスト教では、白いカーネーションや百合が献花によく使われています。
白い百合は、キリスト教で聖母マリアのシンボルとして好まれますが、種類によって香りがきつかったり、花粉が気になる等のデメリットもあります。
花はご遺族の意向や、お花屋さんとも相談して無難に決めましょう。
定番の花だとしても、故人が嫌いだった花は避けた方がいいことも。
マナーを守ることや気持ちを察することは大切で、自分の主観は控えて、合わせることなどに注意しなければいけません。


Share!
TOPへ戻る